Skip to content

京都の住まいトラブルで多い水漏れ修理

日本の古都京都には、毎年大勢の観光客が訪れます。最近は海外からの旅行者も増え、大変な人気となっています。京都市内には、約145万人の人が住んでおり、西陣や北野エリアには古い街並みが立ち並び、京都らしい雰囲気を醸し出しています。住まいが古くなると、やはり様々なトラブルが発生しやすくなりますが、その中でも多いのは水漏れでしょう。

水漏れはキッチンやトイレ、お風呂や洗面所など、水を使っている場所であればどこでも起こりうるものです。原因は色々ありますが、多いのは水漏れを防止するために使用されている小さなパッキンという部品の劣化です。ゴムでできているために経年劣化が起こり、水漏れが発生してしまうわけですが、逆に単純な構造なのでそのパッキンを交換することで水漏れは止まります。京都市内には多数の水漏れ修理を行っている専門の会社があるので、電話を一本入れるとすぐに駆け付けてくれるでしょう。

修理費用も安いので、水漏れトラブルが起こったらすぐに呼べる水漏れ修理会社を一つ抑えておくと安心です。レンチがあれば、自分で水漏れ修理をすることも可能です。自分で修理する際には、まずは水道の元栓をしっかりとしめた上で、修理に取り掛かりましょう。そうしないと、水が噴き出して大変なことになってしまいます。

パッキンはホームセンターに行けば手に入れることができます。ただ、蛇口の種類によっては自分で修理するのが難しいタイプもありますので、よく確認した上で判断すると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です