Skip to content

京都の水漏れ修理について

京都の住まいでは、水道の蛇口をしっかり締めても、ポタポタと水が漏れてしまうことがあります。これはパッキンなどの劣化によって、水漏れが発生していることが考えられます。パッキンがゴムでできていて複数の箇所に使用されていますので、いつどこのパッキンに寿命が来てもおかしくありません。つまり、水漏れはどの家でも起こりうるトラブルであるということです。

もし、パッキンの劣化によって水漏れが発生しているのなら、そのパッキンを交換すれば水漏れは止まります。蛇口の種類によっては自分で行うこともできるでしょう。必要な工具はナットを緩めるレンチで、パッキンはホームセンターに行けば1つ100円もしない価格で販売されています。もし自分で修理することができそうもない場合は、専門の水漏れ修理会社に修理を依頼することになります。

京都市内には多数の水漏れ修理会社がありますので、評判の良い会社を選んで連絡を入れると良いでしょう。費用については、ホームページを見れば書かれてありますので、それを参考にすると良いでしょう。正確には見積もりを取る必要がありますが、京都の水漏れ修理会社では、電話連絡を受けた後に都合の良い日に自宅に来て水漏れ状況を確認し、見積もりを出してくれます。見積もり額に問題がなければ、そのまま修理を開始することが多いのですが、パッキン以外の原因で水漏れが発生している場合は、部品を取り寄せた後に修理となることも少なくありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です