Skip to content

京都市内の水漏れ修理とその原因

蛇口から水漏れが起きている場合、いくつかの原因が考えられます。その中で多いのは使用されている消耗部品の経年劣化で、主に「ハンドル内のパッキンの劣化」「ケレップのパッキンの劣化」「バルブカートリッジの劣化や破損」の3種類があります。まずハンドル内のパッキンというのは、ハンドルの真下についていて、ぎゅっと強くしめていくときに直接あたる部分のパッキンです。ケレップというのは、給水管から蛇口内への水の流入しないための部品で、ここにも小さなパッキンが使用されています。

ハンドルを回して開くと上にこのケレップが持ち上がり、蛇口内部に水が流れ込み、蛇口から水が流れ出るようになります。また、ハンドルタイプではなく、上下に上げ下げするタイプの蛇口には、このケレップの代わりに、バルブカートリッジが使われています。水漏れ修理はナットを緩めるレンチさえあれば、自分で行うこともできます。パッキンはホームセンターで購入できます。

サイズを確認して間違わないようにしましょう。自分で水漏れ修理ができない場合は、京都市内にある水漏れ修理会社に連絡を入れると良いでしょう。京都市内にはたくさんの水漏れ修理会社がありますので、評判の良いところを選ぶと安心です。自分で行うと費用を抑えることができるのが魅力ですが、京都市内の水漏れ修理会社に頼んでも、蛇口ごと交換することがない限り、それほど高額になることはありません。

気になる場合は、電話で確認すると安心です。水のトラブルのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です