Skip to content

水道が「水漏れ」や「つまり」を起こしたとき

水道にトラブルが起きますと生活が不便になりますが、トラブルには「水漏れ」や「つまり」があります。「水漏れ」の症状はポタポタ程度ですので余裕を持って直し方を調べることができますが、「つまり」の場合はそうはいきません。そこで「水漏れ」はひとまず置く事にして、「つまり」のトラブルに遭遇したときに、自分でできる解決方法を伝授します。自分で修理するにはやはり準備が大切ですが、最近は温水シャワーを使っているご家庭が多いですが、修理をする前には必ず電源を抜いておきます。

感電を甘く考えている人がたまにいますが、感電は命にかかわることもありますので注意が必要です。次の準備としては止水栓を止めておくことです。またタンク内や便器の水かさが多い場合はバケツなどでくみ取っておくことが大切です。さて、最もポピュラーな解決方法ですが、それはラバーカップを使う方法です。

便器の穴にラバーカップの吸盤部分を隙間なく押し込み、そして一気に引き抜きます。このときの大切なことは吸盤を「隙間なく」当てることと、「一気に引き抜く」ことです。この両方をうまくやることで異物を取り除くことができます。ラバーカップを備えていない場合は、バケツ作戦とお湯作戦を行います。

バケツ作戦とはバケツに汲んだお水をある程度の高さから少しずつ流すやり方です。これをやりますと、水流の力で詰まりが解消されることがあります。お湯作戦とはトイレットペーパーが固まって塊になったときに使える技です。ただし温度が高すぎますと便器に悪影響がありますので50度くらいが適温です。

お湯を便器の中に入れて放置するのですが、その際に重曹やお酢を入れておきますと効果が高まります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です