Skip to content

住まいを守るためにも水漏れやつまりは修理しましょう

戸建てやマンション、アパートなどに関わらず水漏れやつまりは日常生活で起きやすいトラブルと申せます。生活する上では毎日使う水回りですが、使用頻度が高いからこそパッキンなどの劣化や配管の繋ぎ目などで水漏れが起きやすくなります。経年劣化や使用頻度が高いが故に、そうしたトラブルはある意味避けようのないものと申せましょう。また、排水管のつまりもそうしたトラブルであると言えます。

人が生活する上では、例えば洗面所や浴室の排水管には髪の毛が落ちたり、石鹸かすが流れたりします。こうしたものが絡まり合うとどうしても排水管にへばりついて、排水の邪魔をしてしまったり、排水管の細い部分にたまって排水をせき止めてしまったりします。それがひどくなると臭いもひどくなりますし、場合によっては排水が逆流したりすることにも繋がります。水漏れやつまりによる逆流がもたらすのは、住まいの劣化です。

例え微量であったとしても、水漏れやつまりによって逆流してきた排水は排水口などから床板に浸みだし、床板を腐らせてしまったり、柱などを伝って住宅基礎部分にしみ込んで基礎そのものを侵食してしまうことにもなりかねません。また、カビなどが発生したり、湿気によってシロアリを呼び込んだりもしてしまいます。そうした事態にならないためには、素人作業ではなく専門の知識と技術をもった業者に根本から修理してもらうのが最善の方策と申せます。単なる水漏れ、つまりと思うのではなく、そうしたものが大きなトラブルになることをよく知っておくことが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です