Skip to content

「水漏れ」や「つまり」でパニックにならないために

人は誰でも慣れていないことが起きますとパニックになります。そして、パニックになった人間が起こす行動はほとんどが間違った選択します。そうならないためには日ごろからトラブルに対して心の準備、または備えをしておくことです。水道の「水漏れ」や「つまり」といったトラブルも正に慣れていないとパニックに陥りやすいトラブルです。

「水漏れ」の場合は余程の大きなトラブルでもない限り大丈夫でしょうが、「つまり」はそうはいかないケースが多くあります。突然トイレの水が詰まってしまっては、どう対処してよいかわからず焦ってしまいます。普段は落ち着いているような人でもトイレの水が詰まると意味もなくレバーを幾度も動かし、水が便器からあふれて床全体を水浸しにすることもあります。「水漏れ」で水浸しになることは少ないですが、「つまり」は本当に危険です。

キッチンやお風呂などの「つまり」は意外に落ち着いて行動できるものですが、トイレの場合はかなり焦るようです。それほどトイレが重要であることを証明していることでもありそうです。トイレのお水がつまったときは、最初にやるべきことは原因を考えることです。小さなお子さんが要る場合は、お子さんがおもちゃなど異物を入れていないか確認します。

またはなにかの拍子にトイレットペーパーの芯が落ちたりしていないかなどを考えてみます。意外に思う人がいますが、トイレットペーパーもあまりに一度に多くの量を流しますと詰まることがあります。最近のトイレットペーパーは水に溶けやすいと言われていますので、想像できないかもしれませんが、実際にそのようなトラブルが起きています。大切なことは、パニックにならず冷静に考えて次の行動をとることです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です