Skip to content

異物による水道詰まりの修理

異物が入り込んでしまうことで水道詰まりが発生し、その修理をしなければならないことがあり得ます。このとき目に見える形であれば自らが取り除けば済むことですが、中で詰まってしまった場合には専門の業者に依頼をすることで対応します。依頼先となる業者の手配や段取りは、その物件が賃貸の場合には貸し主側にまずは連絡を入れます。賃借人が業者を自ら依頼をして対応を任せることはまずなく、賃貸人すなわち大家側に状況を説明の上で対応を任せる形です。

ただ、業者の手配を行った際に立ち会いを求められるなどの協力はしなければ話しが前に進みません。したがって、水道詰まりの場合、その修理に当たっては業者に対して状況説明と場所の確認などを話しすることとなります。使用しているときの状況なども必要に応じて話をします。自分で所有する物件の場合は、自らが水道詰まりの修理を手配しなければならないです。

無論、対応に当たる業者への支払いなども自らが負うこととなります。対応を依頼するのが誰かの違いはありますが、賃貸物件にしろ自らが所有する物件にせよ専門の業者に依頼をすることで確実な対応が可能です。目に見える部分特に排水口に詰まっているのが目視できるのであれば、それを自ら取り除けば済むことです。内部の異物混入の場合、素人が手を出せる範囲ではなくなりますので、一般的には業者に対応を依頼し任せます。

なお、髪の毛などのように異物が特定されているときには、個人でも対応が可能な場合があり得ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です