Skip to content

水のトラブルに対処する時にまず行うこと

水は生活上欠かせないものですが、時にはトラブルが起きることがあります。代表的な水のトラブルには水漏れやトイレのつまり、水が止まらないなどが挙げられます。水のトラブルにはそれぞれに異なる原因があり、大したトラブルでは無い場合は自分で対処や修理を行う方もいます。その時に注意が必要なのが水の元栓を閉めることです。

水の元栓はその名の通り自宅に水を届ける元となる役割を持っており、この元栓を閉めると自宅の水が完全に止まるシステムとなっています。元栓を閉めるのを忘れたまま修理を行うととめどなく水が流れ出てしまい、思わぬ勢いで水が溢れることもありますので気を付けた方が無難です。元栓がどこにあるのか分からない方もいますが、戸建住宅あれば敷地内の地面に蓋付きで設置されているパターンが多く、マンションでは水道メーターの近くに設置されていることがほとんどです。専門家に修理を依頼する時も水の元栓は閉める必要が生じるため、普段から元栓がどこにあるのかは把握しておいた方がいざ修理となった時に役に立ちます。

元栓の閉め方はハンドル状となっている元栓を右へ回す、これだけで水は止まります。反対に水を出したい時は左へ回すと水が出るようになりますが、この時左に回せば回すほど水が排出される量が増えるので加減を調整するようにします。そして、水のトラブルの代表の一つであるトイレのつまりはホームセンターなどで販売されているラバーカップで対処をすることが可能です。なお、この時は水の元栓ではなく壁などに設置されている止水栓を止めることになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です