Skip to content

排水管つまりは未然に防ぐことが出来る

どんなに気を付けていても、水回りの排水管のつまりは、いつかは経験することになるものです。特に老朽化した排水管ではつまりは起こりやすくなるものです。基本的には排水管は25年くらいで交換や修繕をしたほうがよいといわれています。排水管つまりを起さないようにするためには、排水管に詰まりやすいものを流さないようにすることが、ベストであることは言うまでもありません。

例えばバスルームであれば、髪の毛が原因となることもありますし、トイレであればペーパーがつまりの原因になることもあります。キッチンであれば食べ残しを誤って流してしまうと、それが排水管つまりの原因になることもあります。このように、水回りは気を付けていれば良いのですが、排水管は経年劣化していくこともあり、排水管つまりはいつ起きてもおかしくないと警戒しながら、生活したほうがよいでしょう。もしも排水管が詰まってしまったら、市販の重曹などを用いて対処する方法があります。

その他にも、トイレの詰まりで利用される「ラバーカップ」と呼ばれる長い棒でつまりを直すこともできます。もしも、自分で対処できない場合には、専門の業者に電話で依頼することもできますが、数千円の費用が掛かりますので、出来れば自分一人で対処したいものです。どんなに努力してもつまりが治らないのであれば、業者に依頼するほうがよいでしょう。普段から水回りに詰まるようなものを流さないようにすることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です