Skip to content

排水管つまりを雑巾やラバーカップで解消することも

化学の力を活用することは排水管つまり解消に貢献をする事になりますが、物理的力を使っての解決策もあります。使うのは家の中にある雑巾、真新しい真っ白なものではなくぼろ雑巾でOkです。問題を引き起こしている排水トラップ、その上の部分を取り出したら排水管はむき出しになります。ここでぼろ雑巾の出番であり、隙間など作らないように排水管に突っ込み、熱湯を張りますがそれはシンクに8分目ほどで構いません。

少しだけぬるめにした方が良いのは、排水ホースの耐熱温度が高いかなと気になった時です。その上で雑巾を引き抜きますが、緩やかにではなく一気に行うようにします。するとお湯は排水溝へと一気に流れることになりますので、強い水流のパワーが排水管つまりを撃退するポイントです。もしもフォークや匙など一定の固形物が詰まっての排水管つまりの時だと、排水溝を無理やり流そうとするとあまり上手くはいきません。

反対に状況が悪化をする事がありますので、原因が固形物の詰まりならぼろ雑巾対策ではなく、まずは固形物を除去することが最優先課題です。物理的な道具として排水管つまり解消に役立つ、ラバーカップを使うこともできます。長い棒の先端には半球状をしたゴム製カップが付いていて、スッポンと昔から呼ばれてきました。一気に軽快にポンッと音を立てるのも特徴、その音の通り一気に引き上げて使うのがポイントです。

たった1回で成功をする事もありますが、複数回必要なこともあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です