Skip to content

自分でできる排水管つまりの解消法

排水管内に汚れが溜まってしまうと水漏れの原因となり、何年も掃除をしていないと汚れが付着してそれが積み重なってしまうと排水管はどんどん狭くなってしまうので、結果的に排水管つまりに繋がってしまいます。排水管つまりで多いのは間違えて雑巾を流してしまったり、キッチンの場合では大きな食材を流したことで、それによってつまってしまったなどのトラブルが起こりがちになります。自分で排水管つまりを解消する方法として挙げられるのは、薬品を使用してつまりの原因を溶かすということで、排水管専用の薬品を用いることで自分でもつまりを解消させることが可能になります。パイプクリーナーはドラッグストアでも手軽に購入できる薬品で、価格もお手頃なものになっているので、常日頃から家に準備しておくことがおすすめです。

排水管とその周囲に薬品を撒く際はゴム手袋が必須で、薬品は肌荒れの原因にもなってくるので、しっかりとガードしておくことが大切になります。その後はお湯で薬品を排水管内に流していき、流してから30分~1時間程度放置しますが、1時間以上経過して溶けない場合も根気よくつまりの原因が溶ける待つことがポイントで、つまりが解消されれば作業完了となります。他にもラバーカップや真空式ポンプクリーナーでつまりの原因を押し流す方法がありますが、ラバーカップは排水管に対して真上から当てて圧力を加える簡単な方法で、ゴボゴボという音と一緒に水が流れ出したらつまりの解消は完了です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です