Skip to content

排水管つまり予防策は日頃から行うようにする

毎日生活を送る上で排水管つまりは起こりえること、住まいが古くなり水回りの使用頻度が多くなるほど起こる可能性は高まります。特にキッチンの排水溝などはよくあること、排水管つまりの要因となるのは排水パイプ内部の汚れです。シンクやガスコンロなどは、汚れ具合も一目瞭然で分かりますからすぐに掃除をすることができます。しかしキッチンの辛苦したは、普段から頻繁に見える場所ではありませんし、あえて確認をして内部を清掃するということもまずありません。

すると発生をする可能性が高まるのが排水管つまりであり、これでは毎日おいしい料理を作り食器洗いをするにもしても不便です。下へと向かい排水パイプは繋がっていますが、下水道へと道は繋がっています。そこに溜まりやすいのが汚れであり、築年数の経過した住まいともなれば汚れでパイプ内が満たされていることから、問題は生じやすい状況です。新築物件であればこうした心配は皆無、快適にキッチンを使うことができます。

排水管の外側ならばすぐに掃除ができるので、クリーンな状態にすることは可能です。しかし根本的な改善方法ではなく、見た目印象をよくするだけのことにしかすぎません。大事なのは内部をスッキリと綺麗な状態にすることであり、掃除は目に見えないパイプ内まで行うことが肝心です。パイプ内掃除は自分で手を入れてできませんが、市販のパイプ洗浄剤などを使えば簡単にできます。

定期的にそうしたお掃除用の液体を流して、クリーンな状態を維持するのが排水管つまり予防策です。排水管つまりのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です